最新導入機器のご紹介

ライカBLK360サムネ Leica BLK360(イメージングレーザースキャナー)
360°回転して周囲をスキャンし、3次元パノラマ画像と点群データを生成します。人が入りにくい場所も広範囲でスキャンでき、そのデータを元に計測や図面をおこすことができるので、調査時間の短縮・経費削減が可能です。また、解体される建築物など、無くなってしまう物を3次元データで保存することができます。
ライカBLK3Dサムネ Leica BLK3D(スマホ型写真計測機)
手軽にスマホ撮影するように写真を撮影するだけで対象物の計測ができ、現場調査が素早く簡単にできます。調査時間が短縮されるので現場の負担も軽減され、その後の作業もスピーディーに行うことができます。
FLIRサムネ
FLIR C2(コンパクトサーモグラフィカメラ)
ポケットサイズの多機能赤外線サーモグラフィカメラです。簡単に持ち運ぶことができ、高感度の検出器がわずかな温度差や熱をとらえるため、水漏れや建築物の不具合を発見することができ、雨漏り調査にも役立ちます。
ルミオンサムネ
LUMION(高速3Dレンダリングツール)
最先端のBIM/建築3次元用プレゼンテーションソフトです。
高速でレンダリングができるので今まで長時間かかっていたパース作成も納期短縮が可能になりました。また、仕上がりもとても美しくリアルに再現できるため、専門業者に引けを取らない建築パースを作ることができます。
▲このページのトップに戻る